top of page
  • 執筆者の写真こり ぶり

自宅で出来る撥水の復活方法

傘修理専門店 傘地蔵です。

今回は自宅で出来る傘生地の撥水を蘇らせる方法をご紹介します。


傘生地は主にポリエステル等の表面に撥水加工を施したものになります

使っていく内に傘生地表面に汚れやホコリが付着して撥水能力が落ちて来ます

生地が水を弾かずにベチャッと濡れたようになってきたら以下のことをお試し下さい。


まず生地表面に汚れがある場合固く絞った布巾やスポンジなどで優しく汚れを落として下さい


傘を陰干しし水気がなくなったらドライヤーの温風で傘生地を満遍なく温める。

もしくは

低温で全体にアイロンがけをしてあげて下さい。


そうすると傘生地の撥水機能が回復してまた雨をきっちり弾くようになってくれます


ですがこれは傘生地に残っている撥水を活性化する方法ですので、古い傘やハードな使い方をした場合あまり効果はないかもしれません。


そんな時はぜひ傘地蔵に撥水か生地クリーニングをご依頼下さい

専用の薬剤で傘生地へ撥水加工を施します



最新記事

すべて表示
bottom of page